セミナー概要

◆日時 2014年2月28日(金)13:30~17:30(受付開始 13:00)
◆会場 富士通関西システムラボラトリ 4階 大会議室
◆主催 株式会社メディアテック
◆協賛 富士通株式会社
株式会社富士通システムズ・ウエスト
大和ハウス工業株式会社
◆受講費用 5,250円(税込)/お一人様
◆お申込み方法 別紙 受講申込み票に必要事項をご記入の上、FAXでお申込み下さい。
※申込は締切いたしました。

プログラム

ご挨拶 13:30~13:35
株式会社メディアテック 代表取締役社長 足立 充生
第一部 13:35~15:05   Keynote Session1
『希少なリソースの無駄遣いをやめて、マネジメントの生産性を向上させるには』(逐次通訳)
企業にとっての究極の制約は、市場の需要・供給規模ではなく、マネジメントにおいて注意を払える範囲が限られているという事です。では、この限られた範囲を無駄遣いさせているものは何か。その無駄を削減する方法とは何か。
最新の事例研究を交えながらご紹介します。

ゴールドラット リサーチ ラボ CEO アラン・バーナード
休憩 15:05~15:20
第二部 15:20~16:20   Keynote Session2
『TOCは嫌いですか?教育のためのTOCなら好きになりますよ(笑)』
CCPMはTOCの応用発展です。そしてTOCの考え方のエッセンスがTOCfE(教育のためのTOC)です。
TOCはプロジェクトを変え、マネジメントを根本的に変え、そして私たちの思考とコミュニケーションを変えるでしょう。


京都大学経営管理大学院 教授 若林 靖永
第三部 16:20~17:05   事例紹介
『情報システム部の構造改革~制約理論(TOC)による継続的改善手法~』
私たちは、制約理論(TOC)に基づき、社内IT部門の生産性を向上する構造改革を推進しています。全てのITプロジェクトにクリティカルチェーンプロジェクトマネジメント(CCPM)を適用する取り組み・組織改革・人材育成についてご紹介します。

大和ハウス工業株式会社 執行役員 加藤 恭滋
次長 松山 竜蔵
17:05~17:20   Session
『CCPMの取り組みで生まれる新たな価値について~プロジェクトマネジメントの革新を支える基盤~』
グローバルにCCPMを適用している米国REALIZATION社とパートナシップ契約締結を機に新たな価値提供で企業経営に寄与できるプロセスやその実現手段をご説明します。

株式会社富士通システムズ・ウエスト 部長 中江 功
17:20~17:30   Q&A

講演者プロフィール

Dr. Alan Barnard(アラン・バーナード氏)
CEO, Goldratt Research Labs(ゴールドラット リサーチ ラボ CEO)
制約理論(TOC)の分野において世界をリードする専門家の一人。
20年以上にわたるTOCの研究・コンサルティング・実装の知識・ノウハウを活かし、個々の繋がり・民間企業・公共機関等々の、組織が持つ本来の潜在能力を解放する事を人生の目標(ゴール)としている。
若林 靖永氏
京都大学経営管理大学院 教授
京都大学経済学部、同大学院を経て博士(経済学)
専門はマーケティング・流通・商業。近年は事業デザイン論やクリティカルシンキングについても取り組んでいる。
商品開発・管理学会会長、CIEC副会長・事務局長、NPO教育のためのTOC日本支部理事長、京都市伝統産業活性化推進審議会副会長、KICS監事など。
加藤 恭滋氏
大和ハウス工業株式会社 執行役員 情報システム部長
本社経理部門、JSOX推進室を経て、2010年情報システム部長就任。翌年より、大和ハウス工業の基幹システム構築プロジェクトのプロジェクト責任者となる。2012年4月運用開始のグループ経営基盤システム(SAP)の構築にCCPM理論を活用して成果を上げるとともに、2012年情報システム部門の構造改革に着手。その成果論文により平成25年度企業情報化協会「ITマネジメント賞」を受賞。
松山 竜蔵氏
大和ハウス工業株式会社 経営管理本部経理部 次長
2010年から会計分野へのSAP ERPによる基幹システム(DG-CORE)導入プロジェクトのプロジェクトリーダーを務める。同プロジェクトでCCPMを同社に導入し、情報システム部の構造改革プロジェクトにも参画。現在はDG-COREのグループ会社展開プロジェクトのプロジェクトリーダー。
中江 功氏
株式会社富士通システムズ・ウエスト 部長
ERPソリューション本部 統合ソリューション事業部 グローバルソリューション部 兼 SAPソリューション部
富士通グループにて主に大規模ERP(SAP)導入に関するプロジェクトマネジメントを担務。
大和ハウス工業SAP ERPによる基幹システム導入にてCCPMを適用したベンダー側のプロジェクトマネージャ。
「TOC-CCPM適用によるプロジェクトマネンジメントの革新」のテーマでPMI日本支部、PM学会、(ProMAC2011/2012)、PM協会、アジャイルJAPANなどにて多数講演(米国PMI認定PMP)

会場案内図

富士通関西システムラボラトリ 4階 大会議室
〒540-8514 大阪市中央区城見2-2-6

アクセス
・JR大阪環状線、東西線 京橋駅(西口)より徒歩6分
・京阪電鉄 京橋駅(片町口)より徒歩6分
・地下鉄長堀鶴見緑地線 大阪ビジネスパーク駅(4番出口)より徒歩5分